イナンナの光★対話diary

受け取った言葉を綴ります

すっきりした

いよいよ

伊勢も明日が最終日。

今日も色々思い出して気づいた。

 

いくつものワークを学び

それらを互いにやりあう。

 

全てにおいて

完璧に采配されているので

ひとつひとつのワークが繋がっている。

 

チベタンパルシングのデモのクライアント役の時、蓋をした過去生をみた。

リアルだった。

第一チャクラに

当時の衣装のまま、まさにそれをやっている姿。白狐のお面をつけている。白の着物に赤い袴。感情、思いもリアルに感じた。そんな自分を受け入れ赦すこと。そう思ったらお面が外れた。

 

その後のワークで

こんなことをした私でも愛されていたんだ

許してこの愛を受け取って良いんだって感じたり。愛に浸って良いんだということを実感。

 

今回の

伊勢でワークをやると

神戸でエネルギーワークをやっていた頃の感覚がリアルに戻ってくる、体感なども馴染みがあるし、自分の枠もひろがり、ああ自由に使えてきてるという感覚。

 

不思議なのが

糸島でクリスタルのワークとかやると

なんだか、蓋をされているような

能力を取り上げられたり、使えなくされているような感覚になるのはなんでなのだろう?

 

第7チャクラを抑えつけられてるみたいになる。エネルギーがうちにこもり、貝の中に入ったみたい。

 

明日の過去生を見るワークにヒントがあるのかも。

 

過去生見るワークじゃなくても

過去生ばっかり見てるけど(-_- )

 

後ろばっか見てる気がして嫌なんだけど

次に進むには外せないポイントなのだろう。

 

女性のことと同じく走っている別ライン

能力を発揮することに関するもの

 

こっちの軸は、比較的自分で見れる気がする。男性の過去生だから少し客観的に見れるのかな。

だけど、女性性の方は慣れてないからなのか

深いからなのか、一人じゃ見辛いような気がする。

 


f:id:erinnflower:20170629205722j:image

インナーセルフから

 

今、ここを生きていることを意識すると

過去と今は異なっているのだとわかる。

 

その不安は起こってもいないことに対することで

その気配すらもないのに

内側から、理由もなく恐れが襲ってくる。

過去生からの体験によるものだ。

 

そこに飲み込まれて、今を生きていることを忘れるな。今を、過去生の経験から決めつけるな。今と過去を混同するな。

 

今は、今この瞬間に生まれている。