イナンナの光★対話diary

受け取った言葉を綴ります

鉱物術教室5

今日は糸島へ、鉱物術教室5を受けに行ってきました。

 

胎内回帰のワーク

お母さんのお腹のなかにいた頃と

転生する前の段階での記憶や情報へのアクセス。

 

胎内回帰も宇宙時代の記憶も

馴染みがあるワーク。

 

以前私がやっていたエネルギーワークだと

宇宙時代からのトラウマや

地球に生まれることで組み込まれた

トラウマや刷り込みの癒し、解放が含まれていて

私がリーディングした情報をレポートでお送りする…などだったので

 

ワークを通して

情報を受けとることも多々あった。

 

そのことを思い出しつつの

今日のワークは

とても興味深くて面白かった。

 

お母さんの胎内での記憶や情報については

胎児の頃受け取った、母と父の感情や思いを思い出し、両親の各々の家系のカルマなどの情報も受け取ってゆく。

 

両親の感情の動きを思い出し

それを感じた時の自分の思いや感じたことも思い出した。結構、淡々としていて両親の相容れてない感情の動きを俯瞰して見ている感じだった。

 

 

今日のワークを振り返ってみると

私と夫の性質

家系のエネルギー系統は

両親のパターンと似ている気がする…

 

私が両親の家系選んだ理由は

「統合」

母方は結構ヘビーで

エネルギーとしては[陰]であり

父方は[陽]

 

元来、私自身も陰の質が強い

対する夫は陽。

 

最近は

夫と私の質がお互いに混じりあってきているなとことが多くて

そこも、統合というテーマの1つの過程なのかもしれない。

 

これを書きながら、数日前に

ふと、両親が私のためにやってくれたことは

例えトラウマや制限になったとしても

全てが愛情がベースにあったということ。

 

そして、酷いことをされたと感じた体験も

実は相手からしてみれば、悪意もなにもない行動なのに

私自身が、過去生などの体験から

悪意あるものと勝手に決めつけたものがあることに気がついた。

 

それらが、ストンと腑に落ちた感じで

私のなかのわだかまりが、なんだか解消されたような気がしたのだけれど

 

きっと、それらも今日のワークと繋がっていたのだろう。

 


f:id:erinnflower:20170625001431j:image

 

銀河の記憶へのアクセスは面白かった。

ポンポンと浮かぶ記憶の断片。

特に指定してないので

ざーっと情報がダウンロードされてくる。

 

今、自分がやろうとしていることの足止めとなっている、宇宙時代の記憶とかを指定したらピンポイントでハードなのが出てくるだろうけど、今回はざっくりとした情報だった。

 

私が決めてきた役目などは

今出てるのは、地球や人や自然の[声]を伝えること。

 

表現方法はなんでも良い。

 

得意なこと、好きなことであれば

書くことなのかなと思う。

 

書くと、その瞬間よりも更に多くの情報が降りてくるから。伝えやすい。

 

他は、踊りかなぁ。

これは、自分でも気になるし

ポイント、ポイントで人を介してメッセージ的にくるので重要なよう。

 

ここでも、どちらか一方だと

私にとっては片寄ってしまう。

各々のがあるからこそ

両方が最大限に発揮され、表現されるようだ。

 

もっと深めていくことで

色々と面白いことが出てくるように思う。

 

今回のワークも

深めていきたいな。

 

ヘトヘトになったけど

面白い1日となりました。

ありがとうございました(^_^)