イナンナの光★対話diary

受け取った言葉を綴ります

自由に感じて、自由に表現することへの許し

現れたインナーセルフは女の子

楽しそうに静かに花を摘んで楽しんでいる。

でも、一人じゃなくて、その女の子は誰かと手を繋いでいて、なんだか監視のような見守りのようなことをされているみたいだったので

 

手を繋いでいる側にフォーカスする。

なかなか、姿を見せてくれなかったけど

暫くすると姿を見せてくれた。

 

中学生の時の私の姿だった。

表情は、真剣で真面目な様子で

手を繋いでいる女の子をじっと見ている。

 

何をしているのか聞くと

彼女がちゃんとしているのか見ている。

彼女がちゃんとしてないと

自分が悪く思われる。

否定される

存在すら許してもらえない。

 

そして

私が悪く言われると

お母さんが可愛そうだ。

 

お母さんが可愛そうなのは

悲しい、嫌だ。

 

> ずっと見ているだけでいいの?やりたいことはないの?

 

そう聞く暫く黙って

 

自分も花を摘んで遊びたい。

私も私に意識を向けて楽しみたい。

 

> じゃあ、そうしたらいいよ。

 

私も楽しんで、遊んで、心をゆったりさせていいの?

 

常に気をはって、周りに意識を張り巡らせて警戒していなくていいの?

 

遊んで声をあげたら、誰かがうるさいって言わない?

 

楽しんでたら、おまえばかり楽しんで、こっちは大変なんだぞって悪意を向けられたりしない?

 

私は自由に感じて

その感じたことを表現していいの?

 

全部に yes と答えてあげると

楽しそうに声をあげて花と遊び始めた。

 

楽しい

楽しい

楽しい

 


f:id:erinnflower:20170505094305j:image

 

ハイヤーセルフからは

 

今やるべきこと、やっていることに集中すること

 

 

と、一言言われた。