読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イナンナの光★対話diary

受け取った言葉を綴ります

良い子と被害者意識

3月末に起きた

ちょっとした出来事で

私の中は揺さぶられた。

 

選択をするたびに

状況が刻々と変化し

結果的には、インナー的には納得のものなんだけどモヤモヤは晴れない。

 

インナーとの対話瞑想の間では

エゴが入ってきて、なかなか難しかったから

日々の目にするものたちの中から

メッセージが欲しいと言っておいた。

 

そしたら

目にするもの、耳に入ること

接する人から、ピンと現れた答だった

 

それは

私の中にある

かなりデカイ制限に引っ掛かる選択だった。

 

「良い子じゃないと愛されない」


私は、良い人と回りに思われたくて、良い子で居たくて自分が思う、良い人とは違う

 

周りに迷惑をかける(と思っている)行動を取るのは、○○のせいだから私は悪くない という被害者意識のかたまりだったと気がついた。

 

喉の辺りに詰まったような感覚が
ようやくボロリと取れてスッキリ。

 
f:id:erinnflower:20170402101444j:image

 

ピンと来るものがやってきて

それを選択するときは良いんだけど

そうじゃないとき

 

なんだか違和感を感じたものでも

せっかく声かけてくれたのに申し訳ないし

きっと何かの縁があるんだろうし

断って印象が悪くなるのは嫌だと思い
乗り気でなくてもやってみたりしていた。

 

そこで

いつものように全力で対応する。

相手側が望んでいるアウトプットをし

認められたい、優秀だと、必要だと思われたいがための行動。

 

特に今回は

それらが顕著に現れた一連の出来事だった。

 

私は、私の真の歓びや幸せのために生きる

そう決めたから

「良い子」からは卒業です。