イナンナの光★対話diary

受け取った言葉を綴ります

セクシャリティについて

今日のインナーセルフとの対話テーマはセクシャリティ

 

昨日、どーんと投下されて

対話したくてしょうがなかった。

 

振り返ってみると節目でセクシャリティがテーマに出てくるなと思う。

 

インナーセルフの最初の姿は

ある意味とってもわかりやすい。

 

小麦色の肌

女性らしい身体つき

金髪で赤い口紅

露出度の高い服に、赤いピンヒール

 

 

すっごく怒っていた

どうせ、私の声なんて聞いてくれないんでしょう?って

 

何で見てくれないの?

私が悪いの?

 

声を聞き

自己ヒーリングして

成熟した色気のある大人の女性の姿に変わる。

 

このインナーを押し込めてしまった理由を聞くと

 

いつまでも、子供でいたい。

この家族の幸せを維持したい。

これは、子供のころ親の願いを汲みとった部分もある。

 

家系的なものでは

女 であることのアピールは

後ろ指を指される、周りから嫌がらせなどがあるから、女らしさには蓋をしよう。

 

過去生では

女性らしい美しさ、フェロモンを出すと

大切な人と引き裂かれた経験

周りからの嫉妬で命を失った経験

 

そういった理由からのようだった。

 

今やりたいことは?と聞くと

口紅を塗ること。

そういえば、口紅はずいぶん買ってなかったなぁと反省して、今度見に行くことにした。

 

 

そして

セクシャリティとは関係のない

このところ、ずっと出てくる

グラストンベリーのミカエルの塔のある丘のこと。

 

インナーからの答えは

 

ここで私は肉体から離れた。

自らの意思で。

人間ではなく妖精のような存在だった。

再び、この地に帰ることを、皆と約束して私は旅立った。

 

あの丘に立ち

あの土地に寝転び、背中で大地を感じたい。

あの風を感じたい。

意識を飛ばし、繋がるだけでも良い。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

すぐにグラストンベリーに行くのはなかなか難しいので、ここからあの場所と繋がってみる。身体が緩むような感覚になる。

暫く、定期的に続けてみよう。

 

そして

部屋に春の花を飾ってほしいという

要望も出たので、探しに行ってみよう。

 

 

花とクリスタルが

これからのキーとなるみたい。

 

 

本日の対話は以上で終了。