読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イナンナの光★対話diary

受け取った言葉を綴ります

輝き

今日のインナーは珍しくおじさん。

赤と白のペインティングを顔に施している。

ピエロのような雰囲気もあり、陽気。

 


f:id:erinnflower:20170322221708j:image

恐怖と恐れ。

持ってないと不安だし

何かあった時のための備え。

そのために、色々と集めている。

 

だけど

持ってないとダメな物なんて何もない。

 

色々集めても

少ししたら、また不安になってまた何かを探すでしょう?

 

何もなくても

安全だし安心だし

そのままで素晴らしい存在だ。

 

ハートにある

自分の輝きに意識を向けてごらん

 

目映いばかりの光でしょう?

美しいでしょう?

 

それがあなた(私)なんだよ

ゆっくり感じてみるといい。

その美しさに浸ってみるといいよ。

 

そのハートの光を全身に広げて

その光で覆われていくのを感じてみよう。

イメージしてみよう。

 

あなたは(私は)自分の光で発光している。

この輝きを忘れないでね。

 

今日のインナーとの対話はここまで(^_^)

広告を非表示にする

色★色★色

今日のインナーセルフは

花でできたスカート、丸いフォルムの女性。

 

ようやく私のところに来たわね!

待っていたわ!

言いたいことがあるの。

 

綺麗な色を身の回りに溢れさせてちょうだい。

たまに色物を着たりしているけど

もっとカラフルにしてちょうだい。

 

 

部屋に飾るお花も

沢山の色の入ったお花がいいわ。

 

歌いだしたくなるような

ハッピーな気持ちになれるような

カラフルなお花にしてちょうだいね。

今はとにかく色が足りないのよ。

 


f:id:erinnflower:20170321193524j:image

 

今日は虹色でヒーリング

妖精の女王の姿に変わり

背後には沢山の蕾。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今、ずっとやりたいと思っていることがあるでしょう?

今まで通り、準備を進めてくれれば良いわ。

 

今の生活のテンポも

身体に負担をかけていないから大丈夫よ。

無理はしないこと。

 

忙しくなったとしても

自分の内側を常に意識してちょうだい。

 

何ヵ月も先のことは今は見えなくていいの。

今に集中してやっていれば

次に繋がっていくから。

 

無理に見ようとしても、まだ見えないからね。余計なところに、エネルギーは使わなくていいのよ。

 

今を大切に!

 

 

今日のインナーとの対話はここまで(^_^)

広告を非表示にする

今ここに

今日のインナーセルフは

最初はひねくれた感じだったけれど

話し始めると。。。

 

なんだか足りなくて

満たされなくて

 

決めた目標も

時がたてば

色褪せた気がして

 

色褪せるのは

目標にむかってがむしゃらになり

自分の内側を見なくなるからだ。

 

機械的に

これを成すためには

こうするのだと思考で決めたルートを辿ろうとする。

 

本当は

その過程を全て味わい尽くすことが必要なのに。

 

道の途中で

目標はそれぞれあるとしても

 

今、目の前にあることを

受け入れて、楽しんで生きてほしい。

幸せも何もかもが今ここにあるから。

 

どこかに探してばかりでは

いつまでも満たされないよ。

 


f:id:erinnflower:20170320125501j:image

 

自己ヒーリングのあと

姿が、赤ん坊を抱いた40歳くらいの裸の女性に変わる。母 を象徴するような感じだった。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今が未来へと繋がっている。

宇宙からしっかりと守られ、愛されているのだから安心して大丈夫。

 

穏やかに大地に足をつけて生きること。

いつも、求めているものは

自分の目の前にある。

今ある身体が答えで

今ある感情、感覚が全てだ。

 

 

今を生きることを忘れないで。

未来のために、未来の姿にばかりフォーカスしすぎて、エネルギーを注ぎすぎることなかれ。

 

今を意識し

今を満たすことに集中しよう。

 

あなたが感じている不足感は

焦燥感は

今を見ずに、今ある足下を見ずに

他を見てばかりだから。

 

今ここに意識を戻してごらん。

::::::::::::::::::::::::::::::::

最後に赤ん坊を手渡された。

これは?と聞くと

新しい可能性だと。

新しい導き手だと言われた。

 

 

今日のインナーとの対話はここまで(^_^)

 

 

広告を非表示にする

自信のありか

今日のインナーは不思議の国のアリス

Eat me と書かれたクッキーを食べたら

アリスは小さくなったけど、正に小さい姿で

腰に手をあてて、怒っている。

 

ようやく、ここに来たのね!

遅いわ!遅すぎるわ!

 

私はあなたの自信よ。

自信のあることでも

不安がある状態にかれてるから

わざわざ、頭で不安感を煽っているでしょう?

頭で作った不安感に支配されて

また迷走状態に、自分で陥ってるのよ。

 

自信のあることは

信頼しなさい。

 

あなたの自信の大きさって

こんなに小さくないのよ。

私を、わざわざ小さくしないで!

奥の方にしまいこまないで!

 

今度は

巨人のようにでかくなって

 

私はほんとはこれくらい大きいのよ❗

忘れないで。

 

わかったと言うと

インナーは

等身大になり

ゆっくりその姿を見てみると

アリスのような服をきているけど

着ているのは、大人の女性だった。

 

どうしてその衣装なのか聞くと

わかりやすいでしょう?

と言われた。

 


f:id:erinnflower:20170318153954j:image

 

ヒーリングをすると

いつもの妖精の女王のような姿になったけれど、頭に一羽のフクロウがいる。

 

それは何かと聞くと

叡知であるとととに、昔から側にいてくれている存在だと教えてくれた。

 

 

::::::::::::::::::::::::::

あなたの不安感の正体はわかったでしょう?

あなたの自信がどんな状態だったかわかったでしょう?

 

いまは、自信は等身大になっている。

自信を信頼すること

 

周りに流されず

自分に集中して

やることに集中するのよ。

 

不安になったら

さっきの自信を思い出して

呼び出して対話してちょうだい

中心へと戻るから。

 

 

今日の対話はここまで

 

 

広告を非表示にする

塔が壊れるとき

今日のインナーは

塔の中に居て、何かの入り口を守っていた。その中には、何かが居てその存在を隠すことで守っていた。


そこに隠しているものはなんなの?


見せることはできない。

見せたら、全てが壊れてしまう。


そんなやり取りをしていたら

中から現れたのは、金色の長い髪の女の子だった。


あなたはだれ?


私は、あなた。

ずっと隠されたあなた。

扉が開いたので出てきたの。



ようやく外に出られたのだから

わたしは色んなものを見てみたいわ。

私は自由だし

私が私であることに自信を持ってる

の。


何か必要なエネルギーは?

と聞いてヒーリング


f:id:erinnflower:20170317195933j:plain


妖精の女王に姿が変わり


もう、この塔は必要ないから

破壊してしまいましょう。


何からも隠れる必要はありません。

自らの輝きを外に出しても

良いのです。


隠れ場所はなくなりました。

さあ、自らの姿を現し進むだけです。



まもなく、切り替わりの日がやってきます。



今日のインナーとの対話はここまで


広告を非表示にする

女性になるために選ぶのではなく

今日のインナーセルフは

アリスのコスプレをした青年。

 

なんで、女装しているの?

 

男で産まれたけど、ずっと女だったら良かったのにと言われ続けたから

 

今度は、女性に産まれたのに

男だったら良かったって言われてる 

僕はどうすればいいんだろう?

 

あなたの、そのままの性を生きていいんだよと言ってあげて、暫く抱き締めてあげる。

 


f:id:erinnflower:20170316114325j:image

 

そしたら

さっきの男の子が女の子に姿が変わった。

 

 

女らしくなるために

女性性を癒したり活性化するために

服を選ぶ必要はないんだ

 

あなたは、そもそも女性なんだから

出発点がおかしいでしょう?

ありのままで、そのままであなたは(私は)

 

着たいと思う服装をすれば良いんだよ。

 

何かを選ぶ時の基準

原点を忘れないでね。

 

女性になろうとしなくても良い

あなたは、生まれながらに女性なのだから。

 

受け入れるべき点を忘れないでね。

 

今日の対話はここまで

完璧じゃなくても生きてていい

今日のインナーは

目だけがぎょろりと見えてあとは

真っ暗だった。

 

戦いに敗れ

傷だらけで、ひどいありさまだった。

 

お腹には太い杭が打ち込まれ動けなくなっている。

 

完璧でないなら、勝てないなら

生きている価値なんてない。

私はクズだ。

生きていてはいけない。

 

とても悔しかった

とてもさみしかった

受け入れてほしかった。

 

美しくもなく、完璧でもなく

人としての姿をもなさなくなった私を

生きる価値があると

それでも、生きて楽しんで良いんだと

許してほしかった。

 

太い杭を抜いて欲しい。

 


f:id:erinnflower:20170315104921j:image

杭を抜くと

白い光りに包まれ変容してゆく

妖精の女王の姿で現れるが

大きな羽があった。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ようやく羽が使えるようになった。

自分らしく

自分のペースでやれば良い

 

 

もう、何をするのかはわかっているでしょう?

周りに惑わされず、自分に集中しなさい。

 

一気に動き始めるわ。

 

クリスタルたちが

助けてくれるから

大丈夫よ。

 

 

 

今日の対話はここで終了