イナンナの光★対話diary

受け取った言葉を綴ります

傷だらけな私が愛しい

ここのところ

過去生を見ることが多くて

そして、止められないほど

自分で自分を責める日々が続いた。

 

なんで

私、こんなに傷だらけなんだろう

こんな私じゃ駄目だ

 

他の人が○○って言ってる

 

自分の感覚を信じて間違っていたら?

 

自分の感覚が正しいって感じていても

私自身が傾いていたりエゴまみれの感覚なんじゃない?

 

全く自分が信じられない

恐怖の日々

 

自分の思いや感覚に頑固だから

変わらないのよ。

 

そんな声が

内側に溢れていた

 


f:id:erinnflower:20170713232914j:image

 

色んな人が色んなことを言っていて

それぞれにその人たちにとっての真実はある。

 

それでも何を選択するのかは

自分の責任だし

自分の人生を歩くのは自分自身だ

 

他人のアドバイス

腹立つけど、これは受け入れたほうが良いなら受け入れれば良いし

違うならスルーすればよい。

 

自分の人生の手綱は自分で持つことだ。

 

みんなそれぞれにオリジナルな生き方がある。

 

それぞれに思うままに

感じるままに生きれば良いんだよ

 

 

 

 

 

視点が変われば

自分を責めていたときは

それを助長するような情報が目に入ってくる。

 

自分を攻め立てたい自分が

アンテナ張って受信する。

どんどん加速してゆく

 

 

視点が変われば

攻め立てた自分含めて🆗✨だよってなったら

今の自分がベストっていう情報が入ってくる。

 


f:id:erinnflower:20170712200316j:image

 

片方をとことんやりつくしたから

視点が変わるのか

なんかわかんないけど

切り替わる。

 

 

コントロールしようとすると

長引くのかもしれないけれど

コントロールしたいからやってるのでやりつくすしかない。

 

 

責めてるときに

そのまま丸ごとOKなんてみても

響きもしないだろう。

 

思考だけじゃなくて

エネルギー的にも切り替わるから

起こることがなんか

更にラッキーになったりする。

 

もう、多分一息つけたんだと思うんだけどなぁ。

 

自分で自分責めてるのはわかってたから

とにかく、できるケア方法で

私は花を買い続けた。

 

前から、部屋に色んな種類の花があるといいなと思ってたけど

高いから、一種類だけとかだった。

 

自分を激しく責めたて始めた頃から

新しい派遣先になって

そこで、安くて素敵な花が一杯ある花屋さんがバス停の近くにあった。

 

そこから

自分のために

欲しい花を買っている。

 

全てのプロセスは

引いてみると、私にとって必然で

その、サポートもしっかりある。

 

自分自身で体験してみると思う。

セッションでのセラピストの一言が

どんなに刺さるのかを。

 

相手を権威者と

自分が認識していればしているほど

自分の感覚よりも

相手の言葉が中心になる。

 

まさに、ハートに突き刺さった

ナイフのよう。

突き刺したのは、言葉を放ったセラピストではなく。その言葉を受け取った私が自ら刺した。

 

それが、あるから気づけることもあるけど

引きずられて

それが、自分を責めたてるきっかけになるのを実感した。

 

これは

私の過去生からの体験で

インプットされた動きなんだとも思う

これもパターン

 

今回は

様々な繰り返しているパターンを

体験できた。

 

これも終わりにしよう。

 

体験することで

自分が

どういうセッションをしていきたいか

だんだん見えてくるね。

 

相手が呪をかけることもあるだろうけど

ほとんどの場合、自分で自分に呪をかけてるんだよ。

 

あの人が○○って言ったから

と人のせいにしてみても

 

その言葉を呪にしてるのは自ら。

 

色々ふにおちてきた

さあ、ここからどうしていくかは

自分しだい。

 

今回はスパルタすぎる

ちょっと休憩しよう。

 

 

 

広告を非表示にする

卒業試験のような

7月に入ってからの日々は

重くて苦しかった。

エネルギー的にと言うよりは

完全に自分の思考に囚われて

色んなことを併発してグルグル落ちていく。

 

その割には

現実面では色々タイミングが良かったり

守られているのを感じていた。

 

自分の思考は

ぐっちゃぐちゃで

望まないことに関する思考は全て拒否しようとしていたが、そんなの無理で結局

全部自分の思ってること感じてること

吐きそうになりながらみていった。

 

見れないものや

見れない自分を責めたり

他人のせいにしてみて

そんな自分を責めたり

どつぼにはまっていきました。

 

思考的には重いのに

古いものが剥がれ落ちていく感覚があって

そのギャップも不思議だったけど

頭が一杯いっぱいなので

そこに意識を向ける余裕もなく(笑)

どんどん落ちていく

 

ある程度まで

自分の思考とか見たり

感じてをやっていくと

視点が変わった

私が思った形でできていなくても

ふと振り返ると

言われたことはできていた。

 

私が思った形でなかっただけで

こうだと勝手に決めつけていただけで

気が付かなかった。

 


f:id:erinnflower:20170711171709j:image

 

ようやく

ふに落ちたみたいで

このところの

自傷行為のような

止められない自己否定が止まりました。

 

この自傷行為の酷さがきっかけで

ふと、できたこともあるよね?

って視点が変わった。

 

今回のことは

色々なことが一緒に起こっていた。

 

 

今生では4回目になる、パターン。

毎回マシにはなっていた。

おそらく、過去生から繰り返してきていたパターン。

 

今回は

それを始める時に終わりは決めていた。

そもそも、違和感を承知の上で始めた。

因縁を終わらせるために始めたことだった。

 

そんな曰く付きのコトを

気づくことができたことで

愛と感謝を込めて卒業できる。

 

次へ進む。

 

そう思ったら

傷つけあってしまった

他3回に関してもわだかまりが抜けていく。

 

ありがとう

ありがとう

ありがとう

 

 

ようやくここから

私のオリジナルが始まっていく。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

惑わされるな

インナーに繋がろうと

ファーデンを第2チャクラの上に置いたら

一気に、第7チャクラまで上昇。

 


f:id:erinnflower:20170705190127j:image

ハイヤーから

 

惑わされるな

 

かつてのように

周りの声に惑わされるな。

自分の思いと

相手を信頼することだ

 

本当にそう言っていたのか?

本当に裏切られていたのか? 

その言葉の真意は何だったのか?

 

 

勝手な解釈をしないことだ

過去の体験から、知識から

周りの情報から

その出来事を歪んで解釈したうえで

破滅的道を選ぶパターンを手放すことだ。

 

入ってくる情報を

望まないことの証明のために

使わないことだ

 

ドロドロと思い感情を持っていることを

受け入れることと

 

それに振り回されることとは違う。

振り回された上

その集合意識に取り込まれるな。

 

 

もう

女性としての幸せを得ても良いのだと

自分を許すことだ

この人と更に幸せになって

家族を作って良いと許すことだ。

罪悪感を手放すことだ。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

芸術へと昇華させること

伊勢からの流れで
昨日の夜中から
更に色んなものが噴出して
真剣にヤバイと思った。


苦しくて、怖くて
今ある、この幸せを失う恐れに支配される
この苦しみから逃れられるなら
消えたいと思った
破壊してしまいたいと思った。

でも
破壊なんて望まないし
今の幸せを全うしたい。
だから、とにかくこの瞬間は
レムリアンエンジェルにヒーリングをお願い。

 

そんな時
夜中なのに実家のワンコが側にやってきて
撫でてくれーと、へばりついてくる。
今現在とのアンカーは、犬だった。

側に居てくれたから、落ち着いてきた。

 


f:id:erinnflower:20170701212053j:image

 

福岡へと帰る新幹線の中で
再び、夜中の感情に襲われる。

 

その時にようやく気づいた。
過去生をみて、過去のものを知って許してとしたけど
同種の感情を今も持っている。

 

その感情で、過去は破滅した。
だから、今はこの感情を持ってちゃだめだと思っていることに気づいた。

 

持っていたら失うと思っている。

だからないものにしようとしてるのに、その感情は存在を主張してくる。

だから、苦しくて、どうしてよいかわからなかった。

 

そのことに気づいた。


私は、今あるこの感情を
あるがまま、認め受け入れることこそ大切なんだって。

この思いを抱く自分を受け入れて愛そうって。

 

受け入れたうえで

今生は、幸せになる。

 

その上で

とても強いこの感情エネルギーを
芸術的に表現するならば?と考えた。

そこで、ダンスかと気づいた。
この狂おしいほどの思いは受け入れた上で
芸術へ昇華させよう。

 

私は、この私の思いを持っていて良いんだよ。

 

 

今ある思いを受け入れること

過去生での行為や思いを理解し受け入れたら

今ある、この暑苦しいほどの思いも受け入れよう。

 


f:id:erinnflower:20170701150322j:image

 

時が止まれば良いのに

何もうつろいゆくことなく、この思いを保存できたら良いのに

 

そんな狂気的な熱い思いが今の自分の中にあることを認めよう。

 

この思いは私の中で禁忌だった。

 

だから、この思いが産まれ瞬間

即効蓋をする。

けれど、たまるんだよね。

今生だけじゃなくて

恐らく他の時代でも蓋していってたはず。

 

その思いのエネルギーも

気づいてほしいと思って

色んな角度からそれを認識させようと

無意識に行動を起こしている。

その結果

どんどん自分は追い詰められていく

 

今回は周りのせいにしないで

私が持っているこの思いを

認めること

そして受け入れ

赦し

他の形で表現してゆこう

 

 

メロディ♪クリスタルヒーリング2

今日はメロディ♪クリスタルヒーリング2の最終日でした。

伊勢最後の日でもあります。

 

過去生を見るワークで

古墳時代の糸島でシャーマンに関する過去を指定。

 

集落の中心でシャーマンの女性と

集落を守る男性が現れた。

 

二人は、幼なじみで

思いあっていたと思う。

 

それぞれの役割があり

環境的にも昔のように会うことはできなかったけれど愛し合っていた。

 

大陸からの攻撃で

集落は襲われる。

 

彼女はシャーマンとしての能力

女性としての美しさでも

周りでは有名だった。目だっていたようだ。

 

村は乱され、シャーマンは連れ去られた。

敵の所へ行くのなら

村をこれ以上、破壊しないと言われ

犠牲となった。

 

幼なじみの彼は生きていた

なんとか彼女を救いだそうと思っていた。

犠牲とならざるをえない状況に彼女を追い込んだ、自分の無力さを嘆き悲しんだ。

 

連れていかれた

シャーマンの女性は

能力を封じられ、性的暴力をうける。

 

ただ、愛する人を思い耐えていた。  

能力を封じられているので

彼がどうなっているのかわからない。

 

彼女に嘘の情報として

彼は死んだと言われたのか

誰かと結婚したと言われたのか

心の支えだった存在を失い

彼女は失意の中で死んでいった。

 

実際は彼は

彼女を思い続けていた

なんとか助けようとしていた

周りなんて目に入らなかった

彼女だけを思っていた。

彼女が死んだと

聞き、失意の中にいた。

 

この過去生を見るワークでは

スクリーンで見るので

客観的だったし

フォーカスされていたのは男性側だった。

 

私は、男性というより女性側だった

このスクリーンに写し出された過去で

男性の無念さを知ることができた。

 

本当に

愛されていたこと


f:id:erinnflower:20170630190641j:image

 

今回の伊勢で見る過去生は

ことごとく女性で

悲恋ばかりだ。

愛にまつわること。

 

どれも

一方向からしか見えてなかったけれど

でも、そこに愛はあった。

全力で愛し愛されていた。

 

愛されたい

そう渇望していたけれど

 

自分が思った形ではないけれど

実はいつも愛されていた。

 

そんなことがわかった

伊勢での時間です。

 

駆け引きなく

信頼して

愛に生きることだ。